A thought circulation book of travel

ノートと落書きな制作日記

<< 新居  藤真くん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

TAF2010


 東京国際アニメフェア2010に今年も行ってまいりました。
平たく言うと新作アニメの発表だったり、それに関連するイベントだったり、アニメーション作家の作品が一度に見れるものです。
去年も行ったのですが、今年はなんとなく出展規模が少なく見えたりしました。
調べてないけど、気のせいかな。

今年は気になったのは3D立体映像とARの多さでした。
3Dは東北新社の『牙狼<GARO>~REQUIEM~』
白組の『ベビーガンバ』
ゴンゾの『ブラスレイター』
東映アニメーションのプリキュア
など手当り次第見ました。どれも眼鏡をかけてモニターを見るタイプです。
アバターのときもそうだったけど、いつもと違う視点で奥行きがあって画面を見るのは新鮮でした。
本当に必要なのかは?と思いますけど実験を見ているみたいで面白かったです。
特にプリキュアがすごくて(笑)

いや本当に!TAFのために作った映像なのかな。歴代のプリキュアオールスターがライブ会場でダンスと歌を歌っている3D映像なんだけど、動きもいいし、3Dで見ても違和感ないし、むしろ萌えるしで完璧だっっと思ってしまいました。
3Dで萌えるってそうそうないと思うんだけどね。今期始まったハートキャッチプリキュアのEDも大好きなんだけど、あれを10倍演出過多にした感じです(笑)


- | comments(0) | trackbacks(0) | 

スポンサーサイト

- | - | - | 

COMMENTS

COMMENT?

 
 
 


TRACKBACK

TB URL :: http://cccirculation.jugem.jp/trackback/838
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」