A thought circulation book of travel

ノートと落書きな制作日記

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

ペインター使いからフォトショ使いになりつつあるこの頃

Image1487.jpg
友人が携帯変えようか迷ってると言っていたのでソフトバンクすすめときました。

そのときにさ、
「今ならお父さんのストラップ付いてくるんだよ」
って言ったら

「えっゆかのお父さんストラップになったの?」

なんて言い出すから思わず爆笑して、そうだよって伝えておきました。

ありえないでしょ、私のお父さんがストラップになるなんて。いくらパパ好きでもさすがにそれは私でも付けないよ。
でも今の携帯にはお父さんが買ってくれたお守り付けてます。これ多分、新しいの買ってくれるまでずっと付けてそうだなーって思うんだけど、新しいの買いに行くって行っても富士山登らなきゃだから更新されるのはいつになるんだろう…って思う。

でもなぜかもう汚れてるんだよね。ペットボトルこぼしたせいかな。

あーケーキ食べたいけど今新宿だから間に合わないー、そしてこれから道迷うから間に合わないー、ななちゃんゴメンなさい。
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

忘れそうだから


食べるということについて無意識的に拒否している自分がこわい。私にとって食べるという行動自体が欲求からきているものではなくて目的からきているから、そう考えると感じてしまうから、そんなに食に喜びを感じないんだと思う。
食事は自体は好きなんだけど、身体にモノを入れて噛み砕いて中に入れること自体は美しいものではないし、それを人と共にするなんてダメだと感じてしまうんだと思う。ダメなわけないのに。

でもだからといって食べたいという欲求がない訳でもなくて一人より家族やみんなでの食事の方が楽しいし、いい感情をいっぱい受け取れるのに家族以外との食事はどこか気を使ってしまって考えてしまうのだと気がついた今日。不思議。

昔は家族以外の食事で噛み付くものを食べるのは本当ダメで嫌と感じてしまったり、だから食べるのが遅いのとも繋がるんだけれども。
なんで食べるか遅いのか聞いたことがあるんだけど食事を口に運ぶまでが遅くて、また噛むのもゆっくりだからって結論になったんだけど、遅いからこそ余計に今している行動はどんな意味なんだろうって考えるんだと思う。

あと初対面とか初めて一緒に食事をする人とは本当に食べられない。食べられるけどそんなに入らなくなる。食べたいとは思うのに入らないのは緊張とか食べる姿を見せたくないとか。
でもそれはどうにかしたいけど慣れるまではどうしようもないのかもしれない。

なんかでも食べる行動って本当おもしろいと思う。食べたいから食べてお腹いっぱいにならなければいいのに。
食べたいから食べているのに入らないのが一番いや。

制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

筆がのらない日もある

Image1205.jpg
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

かっぱ仕様

Image1204.jpg
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

勝手に合成

Image1165.jpg
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

日曜日

Image1156.jpg
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

パース変は気にしちゃだめ

Image1141.jpg
制作 | comments(2) | trackbacks(0) | 

ついでに

Image1068.jpg
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

これね昨日送ったんだけども

Image1065.jpg
先月水彩絵の具を買いました。お父さんごめんなさい先月の散財はこれです。

で、一昨日から使い始めたんだけど水彩って…。難しいね。
水で彩るから水彩なんだろうけど、無視して厚く塗っちゃうからアクリルと変わりない出来になるよ。ダメだ、活かしきれない。

水彩体質になって水彩魔術師になりたいです。
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 

桜って…

Image1040.jpg
パスタ茹でてる時間って微妙すぎて何もできません。
制作 | comments(0) | trackbacks(0) | 
  1/2P  >>
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
無料アクセスカウンターofuda.cc「全世界カウント計画」